ガイドトーンの仕組みを理解しよう

ガイドトーンの仕組みを理解しよう

今回は三和音の解説の前にガイドトーンの仕組みを理解しましょう。

ガイドトーンは2音の和音(ヴォイシング)の一応仲間でありますので、ここで紹介します。

ただし三和音のコードの作り方と考え方が違いますので
そこだけは覚えておいてください。
次回の「三和音の仕組みを理解しよう」のレッスンで違いを明確に示します。

前回で音名と度数を整理しましたので、ここでは実際にさっそく
度数を使っていきます。
もし度数がわからなくなった場合は
前回のレッスン「音名表記」と「度数表記」の色々な表記方法を整理しようで復習してください。

ガイド・トーンの仕組みについて

ガイドトーンとはコードのキャラクターを決める音だけで作られた和音(2音の組み合わせ)です。
コードのキャラクターを決める音というのはコードの特徴音のことです。
特徴音だけの和音(コードの骨格)ですのでガイドトーンを弾くだけでそのコードが
どういうコードなのかがおおよそ把握できます。
ですので

コードチェンジをこの2音だけで表現することができます。
つまり「コードチェンジを明確に表現」するために「必要なコードトーン」

ということです。

一般的なガイドトーンはコードの「3度」と「7度」です。
この「3度」と「7度」でそのコードの種類が区別できます。
また、m7(♭5)やオーギュメントコード等の「5度」が特徴的な場合
「5度」をガイドトーンとして使う時もありますが
「3度」と「7度」がメインの場合がほとんどです。

ガイドトーンの使用用途はコンピング(伴奏)で使用されたり、ガイドトーンに
テンション等の音を足して3音や4音のヴォイシングを作ってバッキングに
厚みを出したり色々と使用用途があります。

【ガイドトーンのコンピング例】
ガイドトーンの仕組み説明コンピング例

また、ソロでもガイドトーンを使用することができます。
クロマチックアプローチと組み合わせると
本格的なビバップジャズのアドリブソロを作ることができるようになります。

【ガイドトーンのソロ例】
ガイドトーンの仕組み説明ソロ活用例
ガイドトーンはジャズで必須の和音(ヴォイシング)になりますので
まずは仕組みを理解できるようになりましょう。