三和音の仕組みを理解しよう

三和音の仕組みを理解しよう

今回のレッスンで三和音の仕組みを理解していきましょう。

三和音=トライアド(Triad)とは
根音(ルート)から長3度、短3度問わず3度音程を2回積み重ねた3音の組み合わせのコード和音のことです。

根音(こんおん)は日本語による表現でルートは英語による表現になります。

では実際に4種類のトライアドの仕組みを解説していきます。

長三和音=メジャートライアド

根音を基準として、そこから長3度上の音を重ねて、
そこからさらに短3度上の音を積み重ねたコード
メジャートライアド説明図
要約すると「ルートと長3度と完全5度を組み合わせたコード
コードトーンで表記すると【R,M3,5】
コード表記はルートをCとした場合
「C、Cmaj、C△」
楽曲キーがCの場合の「ドミソ」で有名のコードです。
色々なジャンルで使われる基本のコードです。
コードトーンとはコードの構成音のことをいいます。

短三和音=マイナートライアド

根音を基準として、そこから短3度上の音を重ねて、
そこからさらに長3度上の音を積み重ねたコード
マイナートライアド説明図
要約すると「ルートと短3度と完全5度を組み合わせたコード
コードトーンで表記すると【R,m3,5】
コード表記はルートをCとした場合
「Cm、Cmin、C−」
悲しい切ない響きが特徴で泣ける曲に欠かせないコードです。

減三和音=ディミニッシュトライアド

根音を基準として、そこから短3度上の音を重ねて、
そこからさらに短3度上の音を積み重ねたコード
ディミニッシュトライアド説明図
要約すると「ルートと短3度と減5度を組み合わせたコード
コードトーンで表記すると【R,m3,♭5】
コード表記はルートをCとした場合
コード表記は「Cm(♭5)、Cdim、Cφ」
不安定な響きがしますのでドミナントコード上でアドリブするときに使用されます。

増三和音=オーギュメントトライアド

根音を基準として、そこから長3度上の音を重ねて、
そこからさらに長3度上の音を積み重ねたコード
オーギュメントトライアド説明図
要約すると「ルートと長3度と増5度を組み合わせたコード
コードトーンで表記すると【R,M3,♯5】
コード表記はルートをCとした場合
コード表記は「C(♯5)、Caug、C+、C+5」
明るく不可思議な響きがしますがホールトーンスケールで大活躍するコードです。

長3度(M3度)と短3度(m3度)の響きの違いは?

長3度は明るい響きで短3度は暗い響きが特徴になります。
コードの特徴音をキャラクター音とし表現される場合もあります。

またコードの特徴音(キャラクター音)はジャズアドリブに欠かせない大事な要素
になりますので言葉も同時に覚えておいてください。

ガイドトーンと三和音の作り方の考え方の違いは?

ガイドトーンはコードの特徴音である「3度」と「7度」の組み合わせの和音
三和音の場合は3度音程で音を重ねていく和音
つまり、作り方の概念にそもそも違いがあるということです。
ガイドトーンは音を積み重ねるという方法ではなく特徴音を選ぶという方法で和音を作ります。