「音名表記」と「度数表記」の色々な表記方法を整理しよう

「音名表記」と「度数表記」の色々な表記方法を整理しよう

ここで「音名表記」と「度数表記」の色々な表記方法を整理しましょう。

「音名表記」と「度数表記」がジャズ初心者さんに少し難しく感じる原因は
音名表記と度数表記ともに色々な呼び名や表記があるので
どれが正しいのかわからなくなってしまうという表記の不統一があります。

これは、特に「度数表記」が不統一であることが多いです。
市販の教則本でも色々な表記をしていたりして
全く統一されていなく、曖昧に説明されていたりします。
しかし、いざ説明しようとしても結構難しいのも現状です。
一応まとめてみましたので参考にしてみてください。

色々な音名表記について

音名表記は国の言語によって種類があります。
代表的な言語表記は
英語表記、イタリア語表記、日本語表記になります。
一般的な「ドレミファソラシド」の音階を例に説明します。

英語表記「CDEFGAB」
イタリア語表記「DoReMiFaSolRaSi」=「ドレミファソラシド」
日本語表記「ハニホヘトイロ」

ジャズでは英語表記のアルファベットとイタリア語表記をカタカナに直した表記が
使用されます。
日本語表記「ハニホヘトイロ」はジャズでは使用しません。

つまり、音名を把握するときは
英語表記の「CDEFGAB」とイタリア語表記「ドレミファソラシド」
の両方を結び付けて把握しておけば大丈夫です。

色々な度数表記について

度数表記も色々な種類がありますがどれも同じ音を表しています。
どれが正解というルールはなく海外の教則本でみかけるもの等
色々あることを頭の片隅に入れておくという感じです。

完全1度:ルート、R、ユニゾン、Unison
短2度:♭2度、m2度、m2nd
長2度:2度、M2度、M2nd
増2度:♯2度、A2nd
短3度:♭3度、m3度、m3rd
長3度:3度、M3度、M3rd
完全4度:4度、4th、P4th
増4度:♯4度、A4th
減5度:♭5度、D5th
完全5度:5度、5th、P5th
増5度:♯5度、A5th
短6度:♭6度、m6度、m6th
長6度:6度、M6度、6th、M6th
短7度:♭7度、m7度、m7th
長7度:M7度、△7度、M7th
完全8度:8度、オクターブ、Octave
コードトーンやコード構成音を表記したり、フレーズ分析するとき等は
下記のように「度」を省略して表記する場合がほとんどです。
CM7(R,M3,5,M7)
Cm7(R,m3,5,m7)

度数は音の距離がわかればよいので「度」がなくても通じるということです。

ここまで「音名表記」と「度数表記」の色々な表記方法を整理してきましたが
ジャズ初心者さんには少し難しかったかもしれませんが
とりあえず何の音を指しているのかだけ把握できれば大丈夫ですので安心してください。
コードを作ったり、フレーズを分析したり色々レッスンを消化するにつれて
こういうときはこう表記した方が便利だなとかなんとなく理解できてくると思います。