「ガイドトーン(3度と7度)の仕組みを理解しよう」のYouTube動画アップしました

YouTubeレッスン動画について

今後のYouTubeのレッスン動画の方向性について 本サイトのレッスン記事に対応した動画とは別に 本サイトで学んだ知識を使って 他のジャンルでアドリブする方法等 色々なジャズの知識の活用の仕方をレクチャーしたいと思っています。 例えば、Larry Carltonの「Room335」で ビバップフレーズを組み込んでアドリブする方法や コードトーンを軸にターゲットノートを決めてクロマチックアプローチで […]

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)について

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)について説明したいと思います。 本サイトを作った経緯について まず本サイトを作るきっかけとなりましたのは オリジナル教則本が想像していたのと違ってたくさんの方に手にして頂きましたので、 無料で提供できる部分はどんどん提供してオリジナル教則本の補完として 役立てて欲しいという理由からサイトを作ることになりました。 特に初心者さん向けの教則本がかなり多くの方に手 […]

ジャズギターおすすめ楽譜

ジャズギターのおすすめ楽譜について紹介したいと思います。 ジャズ初心者さんがいきなりジャズのフレーズを耳コピしようとしても 中々上手くいかず挫折してしまう可能性がありますので ジャズ初心者さんは採譜された楽譜を弾くこともジャズに慣れるという意味では オススメの練習方法だと思います。 実際のジャズギターの巨匠の演奏を聴きながら一緒に弾くことによって スウィング感だったり、ニュアンスだったりと色々学べ […]

ジャズギターのおすすめ教則本について

ジャズギターのおすすめ教則本について書きたいと思います。 今回紹介する教則本についてですが たぶん、ジャズギター初心者さんもそれなりに日本の教則本等は手にしていると思いますので 洋書で役に立ったジャズギターの教則本を紹介したいと思います。 ただし、難易度は洋書の場合ですと初心者向けとされているものも 結構中級者向けだったり、知識が必要だったりしますので 今回紹介するのも良書ではありますが、全て難易 […]

チャックローブ風ソロフレーズの分析

ジャズ巨匠ソロフレーズ分析編第11回目のレッスンは チャックローブ(Chuck Loeb)風のソロフレーズの分析をしていきます。 チャックローブはスムースジャズの曲でビバップのラインをかなり多く取り入れています。 ですので、今回のレッスンではチャックローブのビバップフレーズを分析したいと思います。 クロマチックアプローチや代理コードによるアルペジオの組み合わせを 中心に取り上げていきます。 ■チャ […]

ジョージベンソン風ソロフレーズの分析

ジャズ巨匠ソロフレーズ分析編第10回目のレッスンは ジョージベンソン(George Benson)風のソロフレーズの分析をしていきます。 ジョージベンソンが『ブリージン(Breezin’) 』とかで使ってる 「オクターブに5度を追加した奏法」と「オクターブに4度を追加した奏法」の仕組みを 解説したいと思います。 オクターブに5度を追加した奏法について オクターブ奏法でミュートしている間 […]

ジョンスコフィールド風ソロフレーズの分析

ジャズ巨匠ソロフレーズ分析編第9回目のレッスンは ジョンスコフィールド(John Scofield)風のソロフレーズの分析をしていきます。 ジョンスコフィールドはコンディミを使うことで知られていますので、 ジョンスコ風のギターならではのコンディミのアイディアを紹介したいと思います。 また、クロマチックアプローチを組み込んだフレーズ等、 他のアイディアも分析したいと思います。 ■ジョンスコフィールド […]

パットメセニー風ソロフレーズの分析

ジャズ巨匠ソロフレーズ分析編第8回目のレッスンは パットメセニー(Pat Metheny)風のソロフレーズの分析をしていきます。 パットメセニーはコンテンポラリージャズよりのフレーズが多くて ジャズギター初心者さんには少しハードルが高いかもしれませんが パットメセニーが好きなジャズギタリストが多いですので取り上げてみました。 ビバップで使えそうなクロマチックラインに特化して分析したいと思います。 […]

マイクスターン風ソロフレーズの分析

ジャズ巨匠ソロフレーズ分析編第7回目のレッスンは マイクスターン(Mike Stern)風のソロフレーズを分析していきます。 マイクスターンの演奏スタイルは音を歪ませて、 マイナーペンタトニックスケールやメジャーペンタトニックスケールを混ぜた ミックスペンタやブルーススケールでブルースロックみたいな感じで弾くスタイルから リバーブやディレイが掛かったクリーントーンでビバップを弾くスタイルまで 幅広 […]

パットマルティーノ風ソロフレーズの分析

ジャズ巨匠ソロフレーズ分析編第6回目のレッスンは パットマルティーノ(Pat Martino)風のソロフレーズの分析をしていきます。 パットマルティーノの特徴あるフレーズとして 数小節同じコードが続く場合のマイナーセブンスコードやドミナントセブンスコードで使用できる フレーズを中心に取り上げていきます。 ■パットマルティーノ風ソロフレーズ1 Dm7【R,m7,M6,5,4,2,m3,5】+【2,R […]

1 16