『トライアドを利用した四和音コードの作り方』のYouTube動画アップしました

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)について

ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)について
ジャズギターオリジナル教則本(電子書籍)について説明したいと思います。

本サイトを作った経緯について

まず本サイトを作るきっかけとなりましたのは
オリジナル教則本が想像していたのと違ってたくさんの方に手にして頂きましたので、
無料で提供できる部分はどんどん提供してオリジナル教則本の補完として
役立てて欲しいという理由からサイトを作ることになりました。

特に初心者さん向けの教則本がかなり多くの方に手にして頂きましたので、
サイトの内容はジャズ初心者さんに役に立つサイトを中心にしようと決めました。
そして実際にカリキュラムを考えている内に無料公開のサイトを作るのであれば、
ジャズギターのレッスン教室に通えない方や
教則本を手にしていない方も私のサイトをきっかけに
ジャズの楽しさを知っていただけたらいいなと
昔からの夢であるジャズ人口を増やす大きな裏コンセプトを盛り込みました。

ですので、本サイトはジャズギターで必要な基礎知識や全体像を把握できるように
ジャズ初心者向けの広く浅く基礎的な部分を中心とした
本格的な内容だけどジャズギター初心者が
一からステップアップして学べるようにカリキュラムを作りました。

ジャズギターオリジナル教則本の位置付けについて

本サイトは広く浅くをテーマにしていますが
ジャズギターオリジナル教則本はそれに対してとことん掘り下げた内容になっています。

《例えば、コードアルペジオについて深く掘り下げた場合》
コードアルペジオをなんとなく弾けるようになった
↓(次のステップとして)
もっとコードアルペジオをちゃんと指板で見えるようになりたい、自由に弾けるようになりたい
↓(次のステップとして)
自由に弾けるようにするにはルート以外からアルペジオを弾けるようにする必要があることはわかった
↓(次のステップとして)
ルート以外からアルペジオを弾けるようにするにはパターンを限定して覚えてしまえば良いことはわかった
↓(次のステップとして)
指板が見えるようになってもそれをどう実際に繋げて弾けば良いのかわからない
↓(次のステップとして)

省略…………….

↓(次のステップとして)
アルペジオ同士の繋げ方は理解したけどスケールや定番のフレーズとどう繋げれば良いのかわからない
↓(次のステップとして)
ひたすらフレーズを繋げた結果、休符がない
↓(次のステップとして)
休符の入れ方のコツを掴む
↓(次のステップとして)
実際に一から自分でフレーズを作る

ステップアップ形式でどんどん掘り下げることにより最終的に色んな疑問点を解消しながら
実践的なフレーズを作れるようになるための基礎作りができます。

というようにコードアルペジオだけのテーマに対して教則本では
とことん色々な角度から検証して本物の力を付けていきます。

この例は【ジャズ初心者がアドリブフレーズを一からつくる仕組みを構築】の例になります。
DLmarketで購入

他のオリジナル教則本も同じ考え方で、あるテーマに対してとことん掘り下げて
そのテーマをしっかり身に付けるために色々な角度からステップアップ形式で展開していきます。

オリジナル教則本の種類について

オリジナル教則本は大きく種類別に分けることができます。
ジャズ初心者向け教則本、フレーズ集、コンセプト系に分けることができます。

それぞれ種類別にみていきましょう。

ジャズ初心者向け教則本

■ジャズ初心者がアドリブフレーズを一からつくる仕組みを構築

「ジャズ初心者が自分で一からジャズスタンダードのアドリブフレーズを作る」
をコンセプトに実践的な練習方法からフレーズの作り方までを学んでいただきます。
「枯葉風のコード進行32小節」を用いて一から一緒にフレーズを組み立てていきます。
全部で40コーラス分の譜例がありますが段階的に目的を持って作っています。
コードトーン毎に使えるアルペジオのパターンを限定して
コードチェンジをスムーズに聴かせる実践的なフレーズを作っていきます。

■ジャズスタンダードを「ガイドトーン」「クロマチックアプローチ」「リズムモチーフ」で弾く

ジャズ初心者がアルペジオやスケールに頼らずに
どうやったらジャズのアドリブフレーズを作れるかを一から一緒に考えていきます。
ガイドトーン(3度と7度)とクロマチックアプローチの組み合わせやリズムモチーフを中心に
枯葉風のコード進行(32小節)50コーラス分
一緒に色々なアドリブフレーズを作っていきます。

■ダイアトニックスケールの効果的な使い方でジャズスタンダードを弾く

スケールをコード毎に切り替えてコード進行感を出したいけど
フレーズの繋がりがあまり上手くいかなくて
仕方なくスケール一発で弾いてるという方のために
一からステップアップして取り組めるように作りました。
どうすればスケール同士をスムーズに繋げたり、
他のフレーズとスケールを自然に繋げられるか等を
枯葉風のコード進行(32小節)10コーラス分を使用して
実践的にダイアトニックスケールを効果的に使う方法を解説しています。

■ジャズギターでウォーキングベースラインをパターンに当てはめて一からつくる

ジャズギターでウォーキングベースラインを初めて弾く方を対象に
どうやってウォーキングベースラインのフレーズを作ればよいかを
一から一緒に検討し白紙状態からフレーズを作っていきます。
作り方はウォーキングベースラインのパターンに当てはめて作っていきますが
ただ当てはめるのではなく、順序立てて簡単なパターンから徐々に音数、
アプローチ音、和音、コンピング、組み合わせ等を追加して
無理なく取り組めるように少しずつ難易度を上げていきます。
枯葉風のコード進行(32小節)100コーラス分
一緒にウォーキングベースラインのフレーズを作っていきます。

■ツーファイブワンフレーズを様々なジャズスタンダードに当てはめて弾く

ツーファイブワンフレーズ集と実践使用例がセットになった個人的には画期的なコンセプトです。
どうしてもジャズ初心者の頃はフレーズ集のフレーズを覚えてもなかなか覚えたフレーズを
実際にスタンダードのコード進行で弾けなかったりします。
これは、移調の仕方で挫折してしまったり、
そもそもコード進行のどこで覚えたフレーズを弾けば効果的なのかがいまいち分からない
といったことが原因だったりします。
そこで、フレーズを覚えたけど実際に使えないという悩みを持っている
ジャズ初心者さんのために
本書を作りました。

「枯葉(Autumn Leaves)風コード進行」
「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン(Fly Me To The Moon)風コード進行」
「ブルー・ボッサ(Blue Bossa)風コード進行」
「オール・ザ・シングス・ユー・アー(All The Things You Are)風コード進行」
「ジャイアント・ステップス(Giant Steps)風コード進行」

上記の5曲のコード進行で覚えたフレーズの色々な使い方を解説していきますので
ジャズ初心者の方におすすめの教則本です。

■ジャズギター初心者のためのバッキング対策プログラム

ジャズギター初心者さんが様々なジャズスタンダードで
バッキングを弾けるようにするためのノウハウを詰め込んだ
1000ページを越える電子書籍だからこそできる内容になっています。

「「枯葉(Autumn Leaves)風コード進行」
「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン(Fly Me To The Moon)風コード進行」
「オール・ザ・シングス・ユー・アー(All The Things You Are)風コード進行」
「A列車で行こう(Take The “A” Train)風コード進行」
「ジャスト・フレンズ(Just Friends)風コード進行」
「瞳を閉じて(I’ll Close My Eyes)風コード進行」
「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー(It Could Happen To You)風コード進行」
「酒とバラの日々(The Days Of Wine And Roses)風コード進行」
「ドナ・リー(Donna Lee)風コード進行」
「星影のステラ(Stella By Starlight)風コード進行」

上記の10曲のコード進行を使って徹底的にバッキングを練習します。
あらゆるスタンダードでバッキングができるようになると
セッションが楽しめるようになりますのでジャズギター初心者さんにオススメの一冊です。

フレーズ集

■トニックフレーズ集

「辞書のようにすぐフレーズの意味を調べられてすぐ使えるように」をコンセプトにした
ジャズのメジャートニックフレーズ集になります。
特徴は「フレーズの最初の音(度数)」でグループ分けをしています。
これは例えばドミナントフレーズの着地音によってフレーズをすぐ選択できるというメリットがあります。
3度の音に着地であれば3度の一覧から好きなフレーズを選択し
5度の音に着地であれば5度の一覧から好きなフレーズを選択しみたいなことができますので
自分の知っているドミナントフレーズ1個でも着地音に合わせて
後ろのトニックフレーズを色々取り換えてあげるだけで
様々なフレーズを作ることができるようになりますので
「ドミナント→トニック」のフレーズにマンネリ化を感じている方にオススメです。

コンセプト系

ジャズ中級者さんやジャズ初心者向けをある程度消化している方が望ましい
■マイナー・コンヴァージョン初心者でも使いこなす・実践メジャー&マイナー・ツーファイブフレーズ50個

オルタードテンション系のスケールのマイナーコンヴァージョン
ナチュラルテンション系のスケールのマイナーコンヴァージョン
Ⅱm7(♭5)のマイナーコンヴァージョンの可能性等
マイナーコンヴァージョンの色々なアイディアや考え方を習得したい方にオススメです。

■ダイアトニックコードの組み合わせで作るオルタードフレーズ

トライアドやセブンスコード等の組み合わせで作るオルタードフレーズは
スケールで作るオルタードフレーズと違った角度で作ることができます。
また結果としてオルタードスケールを弾いていることになりますが
構成音の3和音&4和音という固まりで考えるので、シンプルだけど斬新なフレーズを作ることができます。
さらにコードの転回型を利用すると色々なバリエーションを簡単に作れたり、長いヴァンプフレーズにも対応することができます。
斬新なオルタードフレーズを弾きたい方やダイアトニックコードでアドリブするアイディアを習得したい方にオススメです。

■様々なスケールをペンタトニックの5音に短縮して考えるジャズアドリブ方法

日本ではあまり知られていない様々なペンタトニックの5音の可能性を紹介しています。

アイオニアン(リディアン)・ペンタトニックスケール
ドリアン(エオリアン)・ペンタトニックスケール
ミクソリディアン・ペンタトニックスケール
フリジアン・ペンタトニックスケール
ロクリアン・ペンタトニックスケール
メロディックマイナー・ペンタトニックスケール
リディアンドミナントセブンス・ペンタトニックスケール
Hmp5↓・ペンタトニックスケール
ホールトーン・ペンタトニックスケール

5音の選ばれたスケールをそのまま弾くだけでもフレーズっぽく聴こえるので利便性があります。

■リズムチェンジのアドリブジャズの弾き方のコンセプト30個と実践フレーズ集30個

ジャズスタンダードの定番であるリズムチェンジのコード進行を用いて30個のアドリブ方法を学びます。
リズムチェンジの弾き方のアイディアに困っている方にオススメです。

オリジナル教則本は本サイトを必ずしも全部理解してからじゃなきゃ取り組めないという
システムにはなっていませんので参考にしてみてください。

例えばコードメロディ編を理解していなくても上記11冊の教則本に1ミリも関係ありません。
教則本はあるテーマをとことん掘り下げますので全部理解している必要はないということです。