YouTubeチャンネルはコチラ

Ⅱm7フレーズをストックしよう

Ⅱm7フレーズをストックしよう

ジャズフレーズ集編第11回目のレッスンは
Ⅱm7フレーズについて解説します。

今回紹介するⅡm7フレーズについて

基本はⅡm7コードですのでドリアンスケールのフレーズをベースに紹介しますが
アルペジオを組み合わせた例等も紹介します。

■Ⅱm7フレーズ1

Ⅱm7フレーズ1_楽譜

フレーズ構成音【R,2(9),m3,4(11),5,m7,M6(13),4(11)】
Dドリアンスケールをルートから5度までそのまま上昇して
6度を飛ばしてm7度を弾いてから6度に戻って最後に4度を弾いています。

■Ⅱm7フレーズ2

Ⅱm7フレーズ2_楽譜

フレーズ構成音【2(9),R,5,m3,2(9),R】
9度の音から始まるフレーズになります。
そのあとはDmのトライアドを3連符で弾いてから2度を経由して、ルート着地になっています。

■Ⅱm7フレーズ3

Ⅱm7フレーズ3_楽譜

フレーズ構成音【m3,5,M6(13),m7,5,m3,2(9),R】
Dドリアンスケールの4度以外の構成音を使用しています。
前半は2拍はm3度から4度を飛ばしてm7まで上昇します。
後半2拍は5度から4度を飛ばしてルートまで下降してきます。

このように前半2拍、後半2拍で分けて考えると結構複雑そうなフレーズも
シンプルなフレーズに分析できたりしますので参考にしてみてください。
■Ⅱm7フレーズ4

Ⅱm7フレーズ4_楽譜

フレーズ構成音【5,m3,2(9),M7,R,m3,5,m7】

5→m3→2(9)と下降してルートを弾く直前でルートに半音下からアプローチしてそのまま
後半2拍でDm7コードのルートからコードアルペジオで上昇するフレーズです。

■Ⅱm7フレーズ5

Ⅱm7フレーズ5_楽譜

フレーズ構成音【m7,5,m3,R,4(11),2(9),m7,5】
前半はDm7コードアルペジオ、後半はAm7コードアルペジオを弾いています。

ルートから5度上のm7コードのアルペジオを弾く方法は
定番のアプローチ方法ですので覚えておきましょう。

紹介したフレーズは5個ではありますが、
今後レッスンでこれらのフレーズを結構使いますので復習しておいてください。
また、他のⅡm7フレーズも必要な箇所で教えますので、楽しみにしててください。