ビバップスケールフレーズをストックしよう

ビバップスケールフレーズをストックしよう

ジャズフレーズ集編第10回目のレッスンは

ビバップスケールのフレーズについて解説します。
ビバップスケールのフレーズは基本的なフレーズ4つ
応用的なフレーズ2つ、リズムチェンジ等で使用した場合の例を紹介します。

では、ビバップスケールのフレーズについてみていきましょう。

■ビバップスケール基本フレーズ1

ビバップスケール基本フレーズ1_楽譜

ルートからビバップスケールをそのまま下降した例です。

■ビバップスケール基本フレーズ2

ビバップスケール基本フレーズ2_楽譜

M3度からビバップスケールをそのまま下降した例です。

■ビバップスケール基本フレーズ3

ビバップスケール基本フレーズ3_楽譜

5度からビバップスケールをそのまま下降した例です。

■ビバップスケール基本フレーズ4

ビバップスケール基本フレーズ4_楽譜

m7度からビバップスケールをそのまま下降した例です。

基本的なフレーズはドミナントセブンスコードの各コードトーンからスケールを
下降しています。
この4つの基本フレーズをストックして弾けるようになると応用フレーズで
コードアルペジオと組み合わせるときに色々と役に立ってきます。

ビバップスケール応用フレーズについて

ビバップスケールはドミナントセブンスコードの各コードトーンからできるコードと
組み合わせると色々なフレーズを作ることができるようになります。
例えばG7コードの場合は各コードトーンからできるコードは

G7コード:【R,M3,5,m7】
Bm7(♭5)コード:【M3,5,m7,9】
Dm7コード:【5,m7,9,11】
FM7コード:【m7,9,11,13】

の4つのコードになります。
これらの4つのコードとビバップスケールを組み合わせることにより
ビバップスケールのバリエーションフレーズをたくさん作れるようになります。

■ビバップスケール応用フレーズ1

ビバップスケール応用フレーズ1_楽譜
ビバップスケール基本フレーズ1の
ルートから下降したビバップスケールにG7コードのアルペジオを組み合わせたフレーズ例になります。

4つのコードのどれかとビバップスケールを組み合わせると
簡単にドミナントセブンスコードのヴァンプフレーズを作ることができるようになります。
■ビバップスケール応用フレーズ2

ビバップスケール応用フレーズ2_楽譜

4つのコードの一つであるDm7コードのアルペジオを弾いて
ビバップスケール基本フレーズ2の
M3度から下降したビバップスケールを弾いて
さらに、Bm7(♭5)コードのアルペジオを組み合わせたフレーズ例になります。

このようにルートから下降だけでなく他のコードトーンから
ビバップスケールを弾けるようになるとフレーズのバリエーションを色々と作れるようになります。
■ビバップスケールをリズムチェンジで使用した例

ビバップスケールをリズムチェンジで使用した例_楽譜
FキーのリズムチェンジのBセクションの最後2小節で
Fビバップスケールを2つのコードと組み合わせた例です。

Cm7コード:【5,m7,9,11】+Am7(♭5)コード:【M3,5,m7,9】+Fビバップスケール(Rから下降)

ビバップスケールは

ヴァンプフレーズ等の長いドミナントセブンスコードで使えたり、
ツーファイブフレーズで使えたりしますので
使い方を理解するとアドリブのアイディアが増えます。

私の著者本である

ビバップスケールを使いこなす

ではここで紹介しきれなかった4つのコードとの組み合わせフレーズや
ツーファイブフレーズとして使用する方法、
リハーモナイズして使用する方法等色々な角度から
ビバップスケールを使用する方法を解説しています。
また、実践で使えるように実際のスタンダードのコード進行で使用する方法等も
解説していますので良かったらサンプル版を参照してみてください。