「ガイドトーン(3度と7度)の仕組みを理解しよう」のYouTube動画アップしました

「マイナートニック」フレーズをストックしよう

「マイナートニック」フレーズをストックしよう

ジャズフレーズ集編第2回目のレッスンは

マイナートニックフレーズについて解説します。

マイナートニックフレーズもメジャートニックフレーズと同様に
各コードトーンから始まるマイナートニックフレーズを紹介します。

マイナートニックコードは「Ⅰm7」だけでなく「ⅠmM7」を想定する場合もありますので
少しマイナートニックフレーズはメジャートニックフレーズより
ややこしいかもしれませんが
基本は「Ⅰm7」のフレーズを使用する場合が多いですので、
まずは「Ⅰm7」のフレーズを覚えてください。

では、ルートから始まるマイナートニックフレーズから解説していきます。

■ルートから始まるマイナートニックフレーズ1

ルートから始まるマイナートニックフレーズ1_楽譜
フレーズの構成音【R,2,m3,4,5,m7】
ナチュラルマイナースケールを
ルートからm7度までそのまま上昇していますがm6度は省略しています。

■ルートから始まるマイナートニックフレーズ2

ルートから始まるマイナートニックフレーズ2_楽譜
フレーズの構成音【R,m7,5,m3,2,R】
ナチュラルマイナースケールを
ルートからオクターブ下のルートまでそのまま下降していますが
m6度と4度を省略しています。

■m3度から始まるマイナートニックフレーズ1

m3度から始まるマイナートニックフレーズ1_楽譜
フレーズの構成音【m3,4,5,m7】
ルートから始まるマイナートニックフレーズ1の
m3度から弾き始めたフレーズになります。

■m3度から始まるマイナートニックフレーズ2

m3度から始まるマイナートニックフレーズ2_楽譜
フレーズの構成音【m3,R,m7,5】
マイナーセブンスコードのコードトーンをm3度から
5度まで下降アルペジオしているフレーズになります。

■m3度から始まるマイナートニックフレーズ3

m3度から始まるマイナートニックフレーズ3_楽譜
フレーズの構成音【m3,5,M7,9,R,5】
トニックマイナーメジャーセブンスコードを想定したフレーズです。
M7度の音が特徴となっているフレーズになりますので
m7度を指定されているトニックマイナーコードでは使用しない方が無難です。

■5度から始まるマイナートニックフレーズ1

5度から始まるマイナートニックフレーズ1_楽譜
フレーズの構成音【5,m7,R,m3】
マイナーセブンスコードのコードトーンを5度から
m3度まで上昇アルペジオしているフレーズになります。

■5度から始まるマイナートニックフレーズ2

5度から始まるマイナートニックフレーズ2_楽譜
フレーズの構成音【5,m3,2,R,4,m3】
ソメレドと下降してから4度に戻って最後m3度で落ち着いています。
ちなみにですがm3度のことを「メ」と呼びます。

■5度から始まるマイナートニックフレーズ3

5度から始まるマイナートニックフレーズ3_楽譜
フレーズの構成音【5,m3,M7,5,M6】
メロディックマイナースケールを想定したフレーズになります。
M6度でフレーズが終わっているのが印象的なサウンドに聴こえます。

■m7度から始まるマイナートニックフレーズ1

m7度から始まるマイナートニックフレーズ1_楽譜
フレーズの構成音【m7,R,m3,5】
マイナーセブンスコードのコードトーンをm7度から
5度まで上昇アルペジオしているフレーズになります。

■m7度から始まるマイナートニックフレーズ2

m7度から始まるマイナートニックフレーズ2_楽譜
フレーズの構成音【m7,5,4,m3,2,R】
ナチュラルマイナースケールをm7度からそのままルートまで下降していますが
m6度を省略しています。

ナチュラルマイナースケールをフレーズとして使用するときは
m6度を省略してフレーズを作ることが多かったりします。

m6度を入れて弾いてみると感じると思いますが少し響きが
他の構成音より独特な響きがしますので扱いづらい音であったりします。

m6度を省略したフレーズをナチュラルマイナースケール以外にも
マイナーペンタトニックスケールに2度(9度)を足したフレーズ
として捉えることもできます。