メジャーツーファイブフレーズをストックしよう

メジャーツーファイブフレーズをストックしよう

ジャズフレーズ集編第14回目のレッスンは
メジャーのツーファイブフレーズのストックの仕方を解説します。

今回紹介するメジャーのツーファイブフレーズは
一つのメジャーツーファイブフレーズを覚えたとして
その覚えたフレーズをもとにバリエーションフレーズを作る方法
をレクチャーしたいと思います。
ツーファイブフレーズ集で別々のフレーズをたくさん覚えることも
重要ではありますが、暗記が苦手だったりフレーズを覚えたつもりでも
一部分だけ忘れてしまって使えないという方のために
一つのアイディアとして
覚えたツーファイブフレーズをフル活用する方法をレッスンします。
■メジャーツーファイブフレーズ1

メジャーツーファイブフレーズ1_楽譜

サブドミナントフレーズ【R,2,m3,4,5,m3,2,R】
Dドリアンスケールをルートから5度まで上昇してm3度から最初のルートまで戻ってきます。

ドミナントフレーズ【♭5,9,11,9,M3,♭9,R,m7】
前半2拍は後半2拍の最初のM3度の音にクロマチックアプローチする
チャックローブとかが好きな発展的なクロマチックアプローチになります。
2音目と4音目は9度で固定して1音目と3音目と5音目のラインは「M3度にダブルクロマチックアプローチで下降しています」
少し高度なテクニックではありますがビバップラインを感じることができます。
後半2拍はオクターブディスプレイスメントを使用しています。
音使いはG7♭9の5度抜きです。

トニックフレーズ【M3,R,5】
ドミナントトニックフレーズで紹介したシンプルなトニックフレーズです。

メジャーツーファイブフレーズ1を覚えたとして
このフレーズをもとに
バリエーションフレーズを以下作っていきます。

バリエーションフレーズの作り方は色々ありますが
今回のレッスンで紹介する方法は
サブドミナントフレーズとトニックフレーズは固定して
ドミナントフレーズだけ変更するやり方です。
■メジャーツーファイブフレーズ2

メジャーツーファイブフレーズ2_楽譜

ドミナントフレーズ【M3,5,m7,9,R,m7,5,♯5】
G7(9)のアルペジオと次のコードのM3度にディレイドリゾルブしているフレーズになります。

■メジャーツーファイブフレーズ3

メジャーツーファイブフレーズ3_楽譜

ドミナントフレーズ【M3,5,m7,♭9,R,m7,5,♯5】
メジャーツーファイブフレーズ2の4音目が♭9度になっているだけですがこちらの方が少しアウト感が出ます。

■メジャーツーファイブフレーズ4

メジャーツーファイブフレーズ4_楽譜

ドミナントフレーズ【M3,5,m7,R,♯9,♭9,R,m7】
前半2拍はドミナントセブンスコードのアルペジオで後半2拍はオルタードフレーズを弾いています。

■メジャーツーファイブフレーズ5

メジャーツーファイブフレーズ5_楽譜

ドミナントフレーズ【M3,5,m7,R,♭9,♯9,R,m7】
メジャーツーファイブフレーズ4の♭9度と♯9度の弾く順番を逆にしているだけです。

このようにバリエーションフレーズを作るときは

どれかフレーズを固定してあげると簡単に作ることができます。
今回はドミナントフレーズを変更しましたが
サブドミナントフレーズを変更したり、トニックフレーズを変更すると
1個のメジャーツーファイブフレーズを覚えただけでも
たくさんのメジャーツーファイブフレーズを作ることができますので試してみてください。