YouTubeチャンネルはコチラ

コンビネーションオブディミニッシュスケール(コンディミ)の仕組みと使い方

コンビネーションオブディミニッシュスケール(コンディミ)の仕組みと使い方

スケール編第9回目のレッスンは

コンビネーションオブディミニッシュスケールの仕組みと使い方を解説します。

コンビネーションオブディミニッシュスケールとは

ドミナントセブンスコードの半音上のディミニッシセブンスコードの四音のコード構成音と
ドミナントセブンスコードをルートにしたディミニッシュセブンスコードの四音のコード構成音を
組み合わせたスケールのことをいいます。
別称コンディミと呼ばれています。
コンビネーションという名前は組み合わせから名前が付いてます。

ディミニッシュスケールもディミニッシュセブンスコードの
組み合わせで作られたスケールですがコンディミと名前を区別するために
ディミニッシュコードで使用するスケールをディミニッシュスケールと呼んでいます。

コンディミの構成音はディミニッシュスケールと同様に8音構成のスケールになります。

【R,♭9,♯9,M3,♯11(♭5),5,m6,m7】
コンディミの覚え方のコツは
ルートから数えて半全半全という規則的な並びをしています。
ディミニッシュスケールが全音スタートだったのがコンディミは半音スタートになります。

コンディミの使い方について

テンション音がメジャーとマイナーの両方をバランスよくスケール構成音に含んでいるため
メジャー、マイナー両方の解決するドミナントセブンスコードや
セカンダリードミナントコード等、無難に弾くことができます。

CAGEDシステム(ケイジドシステム)によるコンディミの5つのポジションについて

■Cフォームのコンディミ

コンディミ_Cフォームダイアグラム

■Aフォームのコンディミ

コンディミ_Aフォームダイアグラム

■Gフォームのコンディミ

コンディミ_Gフォームダイアグラム

■Eフォームのコンディミ

コンディミ_Eフォームダイアグラム

■Dフォームのコンディミ

コンディミ_Dフォームダイアグラム

コンディミとディミニッシュスケールの仕組みの違いは

コンディミは半音上のディミニッシュセブンスコードとの組み合わせに対し
ディミニッシュスケールは全音上のディミニッシュセブンスコードとの組み合わせ
で作られています。

  

コンディミとディミニッシュスケールの仕組み比較表
Cコンディミスケール Cdim7コード+D♭dim7コード
Cディミニッシュスケール Cdim7コード+Ddim7コード

コンディミとディミニッシュスケールの使い方の違いは

コンディミはドミナントセブンスコードで弾くスケールです。
ディミニッシュスケールはディミニッシュセブンスコードで使用するスケールです。

例えば
C7コードではCコンディミを弾く
Cdim7コードではCディミニッシュスケールを弾く

まずジャズ初心者さんは上記のように分けて捉えるようにすると混乱しなくなります。

しかし、ジャズ上級者になると
実はコンディミとディミニッシュスケールは
ルートを半音ずらすだけで同じスケールになるという関係から
C7コードの上ではD♭ディミニッシュスケールを弾くことがあります。
つまり、半音上のディミニッシュスケールを弾くとコンディミを弾くことと同じになります。

  

コンディミと半音上のディミニッシュスケールと構成音の比較表
Cコンディミスケール C D♭ E♭ E G♭ G A B♭
D♭ディミニッシュスケール D♭ E♭ E G♭ G A B♭ C

比較表から構成音が同じだとお分かりになると思います。

ただし、この考え方をジャズ初心者さんが行うと、
コンディミとディミニッシュスケールの違いが
いまいちわからなくなると思いますので、
最初はディミニッシュスケールはディミニッシュセブンスコードで弾く。
コンディミはセブンスコードの上で弾くと分けて練習することをおすすめします。