「ガイドトーン(3度と7度)の仕組みを理解しよう」のYouTube動画アップしました

ダイアトニックコードを「ローマ数字」表記に置き換えるメリットは?

ダイアトニックコードを「ローマ数字」表記に置き換えるメリットは?

前回のレッスンでダイアトニックコードの仕組みを解説しましたので
今回のレッスンではダイアトニックコードを
ローマ数字表記に置き換える方法や
ジャズでのローマ数字表記のメリットを解説します。

ダイアトニックコードをローマ数字表記に置き換える方法は

ローマ数字の順番にそのまま度数を当てはめるだけです。

文章だけではピンとこないと思いますので
実際に「Cメジャーキー」の三和音と四和音のダイアトニックコードで
ローマ数字に置き換えた例を下記に示します。

〈三和音のダイアトニックコードをローマ数字に置き換え〉
一度メジャー 二度マイナー 三度マイナー 四度メジャー 五度メジャー 六度マイナー 七度マイナーフラットファイブ
C Dm Em F G Am Bm(♭5)
Ⅱm Ⅲm Ⅵm Ⅶm(♭5)

ローマ数字の右にマイナーや(♭5)の情報を書きます。

〈四和音のダイアトニックコードをローマ数字に置き換え〉
一度メジャーセブンス 二度マイナーセブンス 三度マイナーセブンス 四度メジャーセブンス 五度セブンス 六度マイナーセブンス 七度マイナーセブンスフラットファイブ
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(♭5)
ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(♭5)

四和音の場合はローマ数字の右に6度や7度の情報も書きます。

ローマ数字に置き換えることにより
12個のキーのダイアトニックコード全てを覚える必要がなくなります。

ローマ数字にそのキーのスケールを代入するだけで答えを導きだせます。

例えばジャズでよく使う「Fメジャーキー」や「B♭メジャーキー」
のダイアトニックコードを知りたい場合は
ダイアトニックコードのローマ数字に「Fメジャースケール」
「B♭メジャースケール」の音を順番に代入してあげるだけで
「Fメジャーキー」や「B♭メジャーキー」のダイアトニックコードを
簡単に作ることができます。
この例からローマ数字解釈の便利さがわかると思います。
ちなみにですが冒頭の画像はボックス(ローマ数字)に代入する意味を込めて
ローマ数字をボックスとして例えています。
意味が伝わったらこのレッスンを理解していることになりますので嬉しいのですが…
 

〈四和音のダイアトニックコードをローマ数字に置き換え〉
キー名 ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(♭5)
Fメジャーキー FM7 Gm7 Am7 B♭M7 C Dm7 Em7(♭5)
B♭メジャーキー B♭M7 Cm7 Dm7 E♭M7 F7 Gm7 Am7(♭5)

ダイアトニックコードをローマ数字に置き換えるメリットは

ダイアトニックコード以外のコードをすぐ見抜けるようになるので
曲のコード進行の構造を把握しやすいのと初見のアドリブに役に立ちます。
ダイアトニックコードの場合♭や♯が付かないローマ数字だけになるので
一目瞭然に判断できます。

また、コード進行をローマ数字に置き換えることにより
下記のメリットもあります。

■ジャズでよく出てくるコード進行
ツーファイブワン「Ⅱm7Ⅴ7ⅠM7」をはじめローマ数字だと覚えやすい

■定番のコード進行をローマ数字で暗記しておくと
コード進行の分析がスムーズに行えるようになる
※ローマ数字でスタンダードコード進行を分析するレッスンで
実際にコード進行をローマ数字に置き換える練習をしますので、
ここではローマ数字に置き換える方法やメリットを理解できれば大丈夫です。

■ローマ数字でコード進行を把握しているとキー変更にすぐ対応できる