『ドミナントモーションの仕組みについて』のYouTube動画アップしました

ダイアトニックコードを「ローマ数字」表記に置き換えるメリットは?

ダイアトニックコードを「ローマ数字」表記に置き換えるメリットは?

前回のレッスンでダイアトニックコードの仕組みを解説しましたので
今回のレッスンではダイアトニックコードを
ローマ数字表記に置き換える方法や
ジャズでのローマ数字表記のメリットを解説します。

ダイアトニックコードをローマ数字表記に置き換える方法は

ローマ数字の順番をそのままダイアトニックコードの度数に置き換えます。

文章だけではピンとこないと思いますので
実際に「Cメジャーキー」の四和音のダイアトニックコードで
ローマ数字に置き換えた例を下記に示します。

■『ダイアトニックコード』をローマ数字に置き換える_YouTubeレッスン動画

〈四和音のダイアトニックコードをローマ数字に置き換え〉
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(♭5)
1M7(一度メジャーセブンス) 2m7(二度マイナーセブンス) 3m7(三度マイナーセブンス) 4M7(四度メジャーセブンス) 57(五度セブンス) 6m7(六度マイナーセブンス) 7m7(♭5)(七度マイナーセブンスフラットファイブ)
ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(♭5)

「ダイアトニックコード」をローマ数字表記に置き換えるメリットは?

【メリット1】
ダイアトニックコードはスケールの構成音全てをルート音にして並べて作っていますので
ローマ数字のダイアトニックコードを覚えると
ローマ数字にスケールの音を順番に当てはめるだけで、
そのスケールのダイアトニックコードを自動的に導き出すことができます

例えば
ジャズでよく使う「Fメジャーキー」や「B♭メジャーキー」のメジャーダイアトニックコードを知りたい場合は
メジャーダイアトニックコードのローマ数字に「Fメジャースケール」「B♭メジャースケール」の音を順番に代入してあげるだけで
「Fメジャーキー」や「B♭メジャーキー」のメジャーダイアトニックコードを簡単に作ることができます。

 

〈四和音のダイアトニックコードをローマ数字に置き換え〉
キー名 ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(♭5)
Fメジャーキー FM7 Gm7 Am7 B♭M7 C Dm7 Em7(♭5)
B♭メジャーキー B♭M7 Cm7 Dm7 E♭M7 F7 Gm7 Am7(♭5)

一応「Fメジャースケール」や「B♭メジャースケール」のスケールの音を
簡単に導き出す方法を紹介します。
ルートの音から「全全半全全全」のインターバルで導きだすことができます。
※全=全音、半=半音
スケールの導き出し方説明図

【メリット2】
コード進行を分析するときに、キーに関係なく客観的にコード進行を分析することができます

例えば
下記のコード進行を分析するとします。
ダイアトニックコードをローマ数字に置き換えるメリット

英語表記ですと違うコード進行のようにみえますが
ローマ数字表記に置き換えると全部ただの
ツーファイブワンのコード進行と客観的にコード進行を分析することができます。

【メリット3】
ローマ数字でコード進行を把握しているとキーが変わったときにすぐ対応できます。

例えば、ジャズセッションで
普段自分が演奏しているキーで必ず演奏するとは限りません。
その場で、違うキーを伝えられることも全然あります。
こういう時に、ローマ数字でコード進行を把握していると
移調が簡単にできますので、その場で対応することができます。

今回のレッスンは「ダイアトニックコード」をローマ数字表記に置き換える方法やメリットを解説しました。

今後のレッスンで色々なキーでダイアトニックコードを導き出したり
コード進行を分析したりして、実際に色々と使用していきますので
もし仮に今理解できなくても落ち込まないでください。