ルート以外の音からコードアルペジオを弾き始めよう

ルート以外の音からコードアルペジオを弾き始めよう

コードアルペジオ編第12回目のレッスンは

第11回目のレッスンで3度から下降アルペジオを弾くと
2小節目と3小節目の繋がりがスムーズになるとお手本を見せましたので
今回はルート以外の音からコードアルペジオを弾き始める練習をしていきましょう。

ルート以外の音からコードアルペジオを弾く方法は
ジャズギター初心者さんには難易度が少し高いですが
ゆっくり練習していけば弾けるようになってきますので一緒に頑張っていきましょう。

ルート以外の音から練習するパターンは全部で6つです。

・3度の音から上昇アルペジオ
・5度の音から上昇アルペジオ
・7度の音から上昇アルペジオ
・3度の音から下降アルペジオ
・5度の音から下降アルペジオ
・7度の音から下降アルペジオ

ルートからの上昇と下降アルペジオを以前練習しましたので
同様に3度、5度、7度からの上昇と下降アルペジオを弾く練習をします。

では6つの練習パターンをみていきましょう。

■各コードトーンの3度の音から上昇アルペジオを弾く練習例

3度から上昇アルペジオを弾く練習例

■各コードトーンの5度の音から上昇アルペジオを弾く練習例

5度から上昇アルペジオを弾く練習例

■各コードトーンの7度の音から上昇アルペジオを弾く練習例

7度から上昇アルペジオを弾く練習例

■各コードトーンの3度の音から下降アルペジオを弾く練習例

3度から下降アルペジオを弾く練習例

■各コードトーンの5度の音から下降アルペジオを弾く練習例

5度から下降アルペジオを弾く練習例

■各コードトーンの7度の音から下降アルペジオを弾く練習例

7度から下降アルペジオを弾く練習例

ルート以外からコードアルペジオを弾けるようになると
コードアルペジオ同士以外でも

コードアルペジオがフレーズとフレーズをスムーズに繋いでくれる役目を果たしてくれますので色々なフレーズと組み合わせて使うことができるようになります。

 
今回は単体で3度の音なら3度から始まるアルペジオで弾いてきましたので
フレーズの繋ぎがスムーズになると言われてもピンとこないかもしれませんが
次回のコードアルペジオ編第13回目のレッスンで、
ルート以外からのコードアルペジオを使用して
コードアルペジオ同士がスムーズに繋がる例を実際に弾いて体感してもらいます。