『ダイアトニックコード』をローマ数字に置き換えるのYouTube動画アップしました

定番リズムパターンを組み合わせて枯葉のコード進行をバッキングしてみよう

定番リズムパターンを組み合わせて枯葉のコード進行をバッキングしてみよう

バッキング編第7回目のレッスンは

定番リズムパターンを組み合わせて枯葉のコード進行をバッキングする方法を解説します。

今まで定番リズムパターン5つを一つずつ統一してバッキングしてきましたので
今回のレッスンではリズムパターンを組み合わせてよりバッキングの精度をあげていきましょう。

リズムパターンの組み合わせ方の簡単な方法として
2小節でワンセット、4小節でワンセットになる組み合わせ方を紹介します。

定番リズムパターン5つについて忘れてしまった方はジャズのバッキングの定番リズムパターンを覚えようを参照してください。

まず、定番リズムパターンを交互に弾く2小節でワンセットの組み合わせ方法を紹介します。

リズムパターンを交互に弾くことにより
「2小節でワンセットのリズムパターン」になります。
■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉1

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉1_楽譜

「頭が8分音符から始まるリズムパターン1」と「頭が8分休符から始まるリズムパターン1」を交互に組み合わせています。

■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉2

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉2_楽譜

「頭が4分音符から始まるリズムパターン1」と「頭が8分休符から始まるリズムパターン1」を交互に組み合わせています。

■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉3

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉3_楽譜

「頭が4分音符から始まるリズムパターン1」と「頭が4分休符から始まるリズムパターン1」を交互に組み合わせています。

■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉4

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉4_楽譜

「頭が付点4分音符から始まるリズムパターン1」と「頭が8分休符から始まるリズムパターン1」を交互に組み合わせています。

次に3小節同じパターンを弾いて4小節目にアクセント的にリズムパターンを変えて組み合わせる4小節でワンセットになる方法を紹介します。

結果的に「4小節でワンセットのリズムパターン」になります。
■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉5

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉5_楽譜

「頭が8分音符から始まるリズムパターン1」を3小節弾いて、4小節目に「頭が8分休符から始まるリズムパターン1」を弾く
4小節でワンセットのリズムパターンになっています。

交互にリズムパターンを弾く『リズムパターン組み合わせバッキング枯葉1』と弾き比べてみてください。
■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉6

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉6_楽譜

「頭が4分音符から始まるリズムパターン1」を3小節弾いて、4小節目に「頭が8分休符から始まるリズムパターン1」を弾く
4小節でワンセットのリズムパターンになっています。

交互にリズムパターンを弾く『リズムパターン組み合わせバッキング枯葉2』と弾き比べてみてください。
■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉7

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉7_楽譜

「頭が4分音符から始まるリズムパターン1」を3小節弾いて、4小節目に「頭が4分休符から始まるリズムパターン1」を弾く
4小節でワンセットのリズムパターンになっています。

交互にリズムパターンを弾く『リズムパターン組み合わせバッキング枯葉3』と弾き比べてみてください。
■リズムパターン組み合わせバッキング枯葉8

リズムパターン組み合わせバッキング枯葉8_楽譜

「頭が付点4分音符から始まるリズムパターン1」を3小節弾いて、4小節目に「頭が8分休符から始まるリズムパターン1」を弾く
4小節でワンセットのリズムパターンになっています。

交互にリズムパターンを弾く『リズムパターン組み合わせバッキング枯葉4』と弾き比べてみてください。

定番リズムパターンの組み合わせ方の総括

定番リズムパターン5つの組み合わせ方の一部を紹介しましたが
これだけでも新たに8つのリズムパターンをストックすることができました。
是非、自分でもこれらの方法を参考にリズムパターンを作ってみてください。

また今回はガイドトーンを使用しましたが
ドロップ2コードやドロップ3コードに変えるだけでも
バッキングの雰囲気は変わりますので試してみてください。