『ダイアトニックコード』をローマ数字に置き換えるのYouTube動画アップしました

トップのメロディを意識してドロップ2で枯葉のコード進行をバッキングしてみよう

トップのメロディを意識してドロップ2で枯葉のコード進行をバッキングしてみよう

バッキング編第4回目のレッスンは

トップのメロディを意識してドロップ2で枯葉のコード進行をバッキングする方法を解説します。

前回のレッスンでもドロップ2コードを使用して
枯葉のコード進行をバッキングしましたが今回はコンセプトが違います。

前回はヴォイスリーディングを意識してあまりポジションを動きませんでした。
トップの音がコモントーン(共通音)になっていたりして
トップの音があまり動かないことによりさり気ない
(あまり目立たない落ち着いた)バッキングでした。
今回のレッスンではトップの音を簡単なメロディを弾くようなイメージで
トップの音を動かしていきます。
ドロップ2のコードでも使い方でバッキングの印象が変わることを
実感していただけたらと思います。

また、ドロップ2コードがコードメロディに適しているコードヴォイシングであることも
なんとなくイメージできるとコードメロディ編のレッスンも簡単に理解できると思います。

では、今回は4つのリズムパターンに当てはめていきますが
たぶん飽きてきたと思いますので、リズムパターンを組み合わせた例も紹介します。

頭が付点4分音符から始まるリズムパターン1はバッキングパターンの性質上、
コードヴォイシングが変わる場合は使用できません。

しっかり付点4分音符を弾いてから
そのまま8分音符を弾くのは物理上コード移動が間に合いません。
ですので、頭が付点4分音符から始まるリズムパターン1はコード移動がない場合に使用します。

■トップのメロディを意識してドロップ2でバッキング枯葉1_楽譜

トップのメロディを意識してドロップ2でバッキング枯葉1_楽譜

トップのメロディとコードの度数の関係
小節数 トップの度数
1小節目 m7度→R
2小節目 m7度→5度
3小節目 R→M7度
4小節目 M3度→M3度
5小節目 R→m3度
6小節目 m7度→5度
7小節目 R→m3度
8小節目 R→R
トップのメロディを意識してバッキングする場合は
各コードのトップの度数を把握していると、
メロディを簡単にコードでハモることができるようになりますので
この機会にコードのトップの度数も確認するようにしてみましょう。
■トップのメロディを意識してドロップ2でバッキング枯葉5_楽譜

トップのメロディを意識してドロップ2でバッキング枯葉5_楽譜

メロディラインは同じですがリズムパターンが変わると印象が少し変わります。

トップのメロディを意識してドロップ2でバッキング枯葉2と4は
各自リズムパターンに当てはめてみてください。

■トップのメロディを意識してドロップ2でバッキング枯葉リズム組み合わせ例_楽譜

トップのメロディを意識してドロップ2でバッキング枯葉リズム組み合わせ例_楽譜

こちらもメロディラインは同じですがリズムパターンを組み合わせた例です。
交互にリズムパターンを繰り返しています。

リズムパターンの組み合わせ方についてはバッキング編第7回目のレッスンで詳しく解説します。
ここではなんとなくリズムパターンを組み合わせて弾くことができるということを
実感していただけるだけで十分です。