コードの転回型とは?

コードの転回型とは?

コードヴォイシング編第3回目のレッスンは
コードの転回型(転回形)について解説します。

コードの転回型(転回形)とは

ルート音以外のコードトーンが一番低い音になったコードを転回型と呼びます。

そして、コード構成音のコードトーンの順番が

ルートが一番低い音になったコードを基本型と定義します。
3度が一番低い音になったコードを第一転回型と定義します。
5度が一番低い音になったコードを第二転回型と定義します。
7度が一番低い音になったコードを第三転回型と定義します。
コードの転回型(転回形)まとめ表
基本型 一番低い音がルート音のとき
第一転回型 一番低い音が3度のとき
第二転回型 一番低い音が5度のとき
第三転回型 一番低い音が7度のとき
転回型コードの表記方法は分数コードで示します。
例えばCメジャートライアドコードの第一転回型は「C/E」「ConE」と表記します。

分数コードについて

分数コードは大きく2種類あります。

コードトーンがベース(分母)にくる場合:コードの転回型でコードの性質は変わらない
コードトーン以外の音がベース(分母)にくる場合:他のコードに変化している

転回型コードでない方の分数コードは
アッパーストラクチャーコードを理解する必要が出てきますので
転回型のレッスンでは取り上げません。別の機会に詳しく説明します。

では4種類のトライアドコードの転回型を例に説明していきます。

■メジャートライアドコードの転回型

メジャートライアドコードの転回型_コードダイアグラム

各コードのベース音(一番低い音)に注目してみてください。

■マイナートライアドコードの転回型

マイナートライアドコードの転回型_コードダイアグラム

メジャートライアドコードの3度が半音下がっただけです。

■ディミニッシュトライアドコードの転回型

ディミニッシュトライアドコードの転回型_コードダイアグラム

マイナートライアドコードの完全5度が半音下がっただけです。

■オーギュメントトライアドコードの転回型

オーギュメントトライアドコードの転回型_コードダイアグラム

メジャートライアドコードの完全5度が半音上がっただけです。
また、オーギュメントトライアドコードは
コード構成音の距離が均等なため転回しても同じ形のコードになります。

ジャズではコードの転回型の知識は重要になってきます。

ヴォイスリーディングを意識したバッキング、コードメロディ、ハーモナイズドベースライン等で
コードの転回型を知らないと内容を理解することが難しくなります。
特にハーモナイズドベースラインではコードの転回型の知識は必須になります。

ドロップ2やドロップ3等でも転回型を扱いますので、
わからなくなった場合はこのレッスンを復習するようにしてください。