コードヴォイシング編の概要

コードヴォイシング編の概要

コードヴォイシング編の概要について

コードヴォイシング編では
ジャズのバッキングで使用するコードの仕組みや使い方をレッスンしていきます。
ガイドトーンを軸にコードを作る方法や
ドロップ2、ドロップ3、ドロップ2&4の作り方や使い分け等を解説します。

ジャズでバッキングの目的に合わせて使うコードを選択できるようになると
自由にバッキングができるようになりますので、理屈的な部分も丁寧に説明します。

ただ、列挙されているジャズでよく使われるコードをなんとなく覚えても
実際にどう使い分けするかわからないとバランスの悪いコードワークになってしまったり
毎回同じコードしか使えなくてバッキングがマンネリ化してしまう可能性がありますので
この機会に是非、コードを仕組みから理解できるように一緒に頑張っていきましょう。

以下がコードヴォイシング編のコンテンツ内容になります。
リンク先で目的のレッスンを受けられます。

コンテンツを順番通りに学習することにより理解度が深まっていくように
工夫していますのでレッスンを受ける順番の参考にしてみてください。