「ガイドトーン(3度と7度)の仕組みを理解しよう」のYouTube動画アップしました

3度の位置を把握しよう

3度の位置を把握しよう

コードトーン編第4回目のレッスンは

前回ルートの位置を徹底的に練習しましたので
今回は3度の位置を把握していきましょう。
3度の場合はルートと違いm3度とM3度の2種類があります。

3度はコードの明るい、暗いを決定する大事なコードトーンになりますので
響の違いも同時に確認していきましょう。
また3度を瞬時に把握できるようになりますと
今後のジャズギターのレッスンで色々と組み合わせて使えるようになります。

一応コード進行の3度の音を確認しておきましょう。

〈枯葉のコード進行前半8小節「3度の音」確認表〉
小節数 1小節 2小節 3小節 4小節 5小節 6小節 7小節 8小節
コード名 Cm7 F7 B♭M7 E♭M7 Am7(♭5) D7 Gm7 G7
コードトーン「3度」 E♭音 A音 D音 G音 C音 F♯音 B♭音 B音

例1.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例1
最初は表の音を確認しながら1音ずつ3度を確認してください。
3度の音を弾いているだけでもコード進行のチェンジを感じることができると思います。

例2.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例2
音程は同じで別ポジションを把握します。

例3.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例3
余裕がある場合は3つ違うポジションで同じ音がある音を探します。
基本2つ把握できるようになれば大丈夫です。

例4.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例4
1オクターブ上に移動します。

例5.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例5
別ポジションを把握します。

例6.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例6
さらに別ポジションがある音だけを把握します。

例7.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例7
さらに1オクターブ上に移動します。

例8.「3度」のコードトーン把握練習

3度のコードトーン把握練習例8
別ポジションを探します。

ルートのコードトーン把握のときは最初でしたので
色々コードトーン把握練習方法の発展の仕方等も紹介しましたが
コードトーン編の目標はコードトーンを把握することですので
今回のレッスンくらいの練習で十分ですので頑張ってください。