リズムモチーフのパターンを覚えよう

リズムモチーフのパターンを覚えよう

リズムモチーフ編第2回目のレッスンは
リズムモチーフの代表的なパターンを解説していきます。

■リズムモチーフパターン1

リズムモチーフパターン1_譜例

リズムモチーフは「タンタタウタタン」というリズムになっています。

音符が多いリズムは声に出すと弾きやすくなりますので試してみてください。

タン=4分音符
タ=8分音符
ウ=8分休符

リズムモチーフだけでなくバッキング等のリズムでも
なんとなく弾いてごまかすのではなく
しっかり、自分が弾くリズム(譜割)を把握すための解決方法として、
音符の長さや休符を自分のわかりやすい言葉に置き換え
実際に声に出しながらゆっくり弾くことです。

慣れてくると声に出さなくても弾けるようになりますが
最初は声に出して弾くようにしてください。

■リズムモチーフパターン2

リズムモチーフパターン2_譜例

リズムモチーフは「ウタウタタカタカ」というリズムになっています。
タ=8分音符
ウ=8分休符
タカ=8分音符連続

8分音符が3つ以上連続する場合は「タタタタ」より
「タカタカ」にした方が弾きやすくなりますので試してみてください。

次のレッスンから実際にスタンダードのコード進行で
リズムモチーフの2パターンを使用していきましょう。