「度数の仕組みと効率の良い覚え方」のYouTube動画アップしました

サブドミナントマイナーとは?

サブドミナントマイナーとは?

リハーモナイズ編第4回目のレッスンは

サブドミナントマイナーについて解説します。

ジャズ初心者さんがたぶんジャズ理論で一番知りたい部分だと思いますので
丁寧にゆっくり説明していきます。

サブドミナントマイナーも仕組みを理解すればそこまで難しくはありませんので
一緒に頑張っていきましょう。

サブドミナントマイナーとは?

メジャーキーの曲の中に
そのメジャーキーと同じルートから始まるマイナーキー(同主調)の
サブドミナントコードを借りてきた借用和音のことをサブドミナントマイナーと言います。
同主調とは

同じ主音を持つ調のことを言います。
例えばCメジャーキーの同主調はCマイナーキーになります。

つまり、Cメジャーキーのサブドミナントマイナーは
Cマイナーキーから借りてきたサブドミナントコードのことになります。

メジャーキーのサブドミナントと区別するために
マイナーキーから借りてきたサブドミナントをサブドミナントマイナーと呼んでいます。

サブドミナントマイナーは
一般的に代理コードも含めて全部で4つあります。

サブドミナントマイナーは「Ⅳm7」

キーがCメジャーの場合は「Fm7」

サブドミナントマイナーの代理コードは「Ⅱm7(♭5)、♭ⅥM7、Ⅶ♭7」

キーがCメジャーの場合は「Dm7(♭5)、A♭M7、B♭7」

上記4つのサブドミナントマイナーはキーのルートから見て
♭6度の音を持っています。
キーがCメジャーの場合は「A♭」が♭6度の音になります。

ですのでリハモするときは♭6度の音がもとのコードに含まれているコードである場合に
サブドミナントマイナーでリハーモナイズすることができます。

「♭ⅥM7」はM7度からm7度に変化した「♭Ⅵ7」に変更する場合もあります。

サブドミナントマイナーで使えるスケールについて
以下表にまとめてみます。

サブドミナントマイナーで使えるスケール関係表
サブドミナントマイナー スケール名
Ⅳm7 ドリアンスケール
Ⅱm7(♭5) ロクリアンスケール
♭ⅥM7 リディアンスケール
♭Ⅵ7 リディアンドミナントセブンススケール
Ⅶ♭7 ミクソリディアンスケール、リディアンドミナントセブンススケール

また「サブドミナントマイナー→トニック」という進行を
サブドミナントマイナーケーデンスと呼びます。

サブドミナントマイナーで少しマイナー感を感じて
メジャーのトニックコードに解決することにより
ドミナントモーションとは違う雰囲気のケーデンスを弾くことができます。

サブドミナントマイナーが難しいと感じる理由は

コードのタイプが違う4つのコードを
一括りにサブドミナントマイナーと名前が付けられているため
サブドミナントマイナーは一つのスケールで弾くと勘違いしていたり、
そもそもサブドミナントマイナーが何個あるのかいまいち理解していなかったり、
コードのタイプが違う4つのコード全てが
サブドミナントマイナーであることをちゃんと理解していても
それぞれのコードで使えるスケールが何かを知らないことによりアドリブを弾くときに
どう対処すればよいかわからないジャズ初心者さんが結構多っかたりします。

サブドミナントマイナーについてまとめますと

まずサブドミナントマイナーはそもそもメジャーキーの楽曲でしか出てこない。

そしてメジャーキーの楽曲に同主調であるマイナーキーからサブドミナントコードを4つ借りることができる。

コードのタイプが違う4つのコードが
サブドミナントマイナーと一括りに名前が付けられているが
それはメジャーキーのサブドミナントコードと区別するために名前が付けられているだけで
その借りてきたコードはそれぞれに対応するスケールがある。