『ダイアトニックコード』をローマ数字に置き換えるのYouTube動画アップしました

ハーモナイズドベースラインの作り方と練習方法

ハーモナイズドベースラインの作り方と練習方法

ウォーキングベースライン編第5回目のレッスンは

ハーモナイズドベースラインの作り方と練習方法について解説します。

ハーモナイズドベースラインはジャズギタリストにとって憧れのテクニックだと思います。

ハーモナイズドベースラインとは?

名前の通りベースラインをハーモナイズしていきます。
つまり、単音のベースラインを全部コードでハモって弾くことになります。

コードメロディはトップの音をハモるのに対して
ハーモナイズドベースラインはボトム(ベース)の音をハモることになります。

ハーモナイズドベースラインを使うときの注意点として
ベース奏者がベースラインを弾いていないことが前提になります。

ハーモナイズドベースラインで使うコードについて

ハーモナイズドベースラインで使うコードとして定番なのは
ドロップ3コードのトップの音を省略した3音のコードでベースラインをハモることが多いです。

もちろんドロップ3コードの4和音でハモることができますが
テンポが速い曲では少し移動するのが大変ですのでテンポが遅い曲とかでたまに使ったりします。
また4音以上のコードは基本使いません。
音に厚みが出るのとトップの音が強調されてベース音を強調したいのに
トップの音が強調されてハーモナイズドベースラインとして機能しなくなるためです。

そして、5弦ルートの場合のドロップ3コードのトップの音を省略した形は
少し弾きずらいですので、頻繁に使うことはあまりありません。
なるべく6弦ルートで弾けるようにアレンジする場合が多いです。

ですので6弦ルートの転回型のコードは必ず覚えるようにしてください。
■ドロップ3_メジャーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ3_メジャーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

■ドロップ3_ドミナントセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ3_ドミナントセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

■ドロップ3_マイナーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ3_マイナーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

■ドロップ3_マイナーセブンスフラットファイブコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ3_マイナーセブンスフラットファイブコード_ハーモナイズドベースライン

また、5弦ルートでハモる場合はドロップ3コードの代わりに
ドロップ2コードの6弦~3弦の6弦の音を省略したコードを使用する場合があります。

■ドロップ2_メジャーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ2_メジャーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

■ドロップ2_ドミナントセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ2_ドミナントセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

■ドロップ2_マイナーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ2_マイナーセブンスコード_ハーモナイズドベースライン

■ドロップ2_マイナーセブンスフラットファイブコード_ハーモナイズドベースライン

ドロップ2_マイナーセブンスフラットファイブコード_ハーモナイズドベースライン

基本型はよく使いますので必ず覚えるようにしてください。
ちなみにですが覚え方として
ガイドトーンに5弦のルートが付いたコードと同じでも大丈夫です。

転回型は余裕がある場合に覚える程度で大丈夫です。

まずは、ドロップ3コードの6弦ルートの4つのコードとドロップ2の基本型の
全部で5つのコード×4種類のコード(メジャーゼブンス〜マイナーセブンスフラットファイブ)
を覚えれば、定番のハーモナイズドベースラインは弾けるようになります。

ベースラインのハモり方について

基本として、コードの構成音は転回型のコードでハモります。
ルート以外はダイアトニックコードでハモることもあります。
コード構成音以外の音をハモる簡単な方法としてダイアトニックコードで対応します。

ダイアトニックコード以外にもドミナントコードを挿入したり、
裏コードを想定したり、ディミニッシュコードやパッシングコードを使用したりして、
コード構成音以外をハモることもできます。

ハーモナイズドベースラインの練習方法について

単音のウォーキングベースラインを一つずつ今回のレッスンで学んだ方法を使って
ウォーキングベースラインを地道にハモる練習方法があります。

メリットはどんなベースラインでもハモるができるようになります。
デメリットは、時間がかかります。

もう一つはベースラインを一からハモるという考え方ではなく、
ハーモナイズドベースラインの定番の動きをパターンとして覚える練習方法もあります。

メリットは即効性があります。
デメリットはパターンを組み合わせる方法を知らないと、
上手く繋げることができませんので様々なコード進行で使うことができません。
次のウォーキングベースライン編第6回目のレッスンでパターンを組み合わせて
フレーズを作る例を解説していますので参考にしてみてください。

上記のメリットとデメリットを考慮した上で今回のレッスンでは
単音のウォーキングベースラインを一つずつハモる練習方法を軸として説明していきます。

時間はかかるかもしれませんが基礎がちゃんと身につくと色々と応用することができます。
意味を理解しないでただ形だけで暗記をするとちゃんと使いこなせないので限界がきます。

ではウォーキングベースライン編第1回目のレッスンで学んだ
10パターンのベースラインを
全てコードでハモる例をみていきましょう。

基本、5弦のベースラインを6弦に移動してハモっています。
そのためオクターブ音を変化させている所もあります。

■ハーモナイズドベースライン例1

ハーモナイズドベースライン例1_楽譜

1小節目:ドロップ2コードの6弦を省略した基本型でルートをハモって
5度は6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コードでハモっています。

2小節目〜4小節目:6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コードでルートをハモって
5度は6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コードでハモっています。

5小節目:流れから6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コードに変更しています。

■ハーモナイズドベースライン例2

ハーモナイズドベースライン例2_楽譜

ハーモナイズドベースライン例1に下からのアプローチ音として
「ディミニッシュコード」を挿入しています。

原理は次の各コードに対してのドミナントセブンスフラットナインスコードを想定して
短3度の関係を利用しています。

例えば、Am7コードに対してのドミナントセブンスフラットナインスコードはE7(♭9)コードになります。
E7(♭9)=Fdim7=G♯dim7=Bdim7=Ddim7

Dm7コードに対してのドミナントセブンスフラットナインスコードはA7(♭9)コードになります。
A7(♭9)=A♯dim7=C♯dim7=Edim7=Gdim7

G7コードに対してのドミナントセブンスフラットナインスコードはD7(♭9)コードになります。
D7(♭9)=D♯dim7=F♯dim7=Adim7=Cdim7

4小節目はもともとドミナントセブンスコードのため
6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コードでハモっています。

もちろん同じようにディミニッシュコードでハモることもできます。
CM7コードに対してのドミナントセブンスフラットナインスコードはG7(♭9)コードになります。
G7(♭9)=G♯dim7=Bdim7=Ddim7=Fdim7

半音下からのアプローチ音をハモる場合は
半音下のディミニッシュコードでハモると形で覚えることができますので
6弦では全部この形で効率良く覚えてしまいましょう。
■ハーモナイズドベースライン例3

ハーモナイズドベースライン例3_楽譜

ハーモナイズドベースライン例1に上からのアプローチ音として
「裏コード」を挿入しています。

裏コードの導き出し方は

各コードのルートの半音上のドミナントセブンスコードで簡単に導き出すことができます。

裏コードの原理は
例えば、Am7コードに対してのドミナントセブンスコードはE7コードになります。
E7コードの裏コードは減5度(増4度)のトライトーンの関係よりB♭7コードになります。

半音上からのアプローチ音をハモる場合は裏コードでハモることができると覚えておきましょう。

また、アプローチ音は各コードの同じ形を上下から使うこともできます。

どういうことかと言いますと

CM7コードを半音下からハモる場合はBM7コード
CM7コードを半音上からハモる場合はD♭M7コード

と同じ形でハモることもできますが、
これだけではマンネリ化してしまいますので今回は別のハモリ方として

半音下からはディミニッシュコードでハモる
半音上からは裏コードでハモる

方法を紹介しました。

■ハーモナイズドベースライン例4

ハーモナイズドベースライン例4_楽譜

ハーモナイズドベースライン例2の前半各2拍を1拍に分割しているだけです。

■ハーモナイズドベースライン例5

ハーモナイズドベースライン例5_楽譜

ハーモナイズドベースライン例3の前半各2拍を1拍に分割しているだけです。

■ハーモナイズドベースライン例6

ハーモナイズドベースライン例6_楽譜

ハーモナイズドベースライン例4の2拍目を3度のハモリに変更しています。
3度の音は6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コードでハモっています。

■ハーモナイズドベースライン例7

ハーモナイズドベースライン例7_楽譜

ハーモナイズドベースライン例5の2拍目を3度のハモリに変更しています。
例6と同様に3度の音は6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コードでハモっています。

■ハーモナイズドベースライン例8

ハーモナイズドベースライン例8_楽譜

ハーモナイズドベースライン例7の1小節目を半音下からのディミニッシュアプローチに変更しているだけです。

■ハーモナイズドベースライン例9

ハーモナイズドベースライン例9_楽譜

まず最初は2拍目の2度の音をダイアトニックコードでハモった例です。

キーCメジャーのダイアトニックコードを使用しているだけです。
2拍目のダイアトニックコードは

1小節目:Dm7
2小節目:Bm7(♭5)
3小節目:Em7
4小節目:Am7

になります。

1小節目は
【CM7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード→ダイアトニックコードDm7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード
CM7の6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コード→ディミニッシュコード】
というのような感じで今まで学習したアプローチにダイアトニックコードが追加されただけです。

次の例は2拍目を各コードに対してのドミナントセブンスコードの
6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コードでハモっています。

2拍目のドミナントセブンスコードは

1小節目:CM7に対してのドミナントセブンスコードはG7
2小節目:Am7に対してのドミナントセブンスコードはE7
3小節目:Dm7に対してのドミナントセブンスコードはA7
4小節目:G7に対してのドミナントセブンスコードはD7

になります。

1小節目は
【CM7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード→G7の6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コード
CM7の6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コード→ディミニッシュコード】

■ハーモナイズドベースライン例10

ハーモナイズドベースライン例10_楽譜

ハーモナイズドベースライン例10の仕組み
小節数 1拍目 2拍目 3拍目 4拍目
1小節目 CM7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード CM7の6弦のドロップ3コードの第三転回型のトップ省略コード ダイアトニックコードAm7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード CM7の6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コード
2小節目 Am7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード ダイアトニックコードBm7(♭5)の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード Am7の6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コード Am7の6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コード
3小節目 Dm7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード Dm7の6弦のドロップ3コードの第三転回型のトップ省略コード ダイアトニックコードBm7(♭5)の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード Dm7の6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コード
4小節目 G7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード ダイアトニックコードAm7の6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード G7の6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コード G7の6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コード

例10はCメジャースケールの音だけでベースラインを作っているので
コード構成音以外はダイアトニックコードでハモると綺麗にハモることができます。

ウォーキングベースライン編第5回目のレッスン総括

以上でハーモナイズドベースラインの基礎的な仕組みから作り方までの解説になります。
今まで順番通りに学習してきた
転回型、ドロップ2コードやドロップ3コードの知識がフル活用できるのが
ハーモナイズドベースラインですので、こちらの復習も忘れないようにしてください。

また、ハーモナイズドベースラインが分からなくなったら今回のレッスンを復習するようにしてください。

次のレッスンでは今回のレッスンで学習した知識を使いながら
ハーモナイズドベースラインの定番パターンの組み合わせによる
フレーズの作り方の例を枯葉のコード進行で解説していきます。
フレーズの仕組みを理解した上で定番のパターンを組み合わせることにより効果を発揮します。