『ダイアトニックコード』をローマ数字に置き換えるのYouTube動画アップしました

枯葉のコード進行でハーモナイズドベースラインを弾いてみよう

枯葉のコード進行でハーモナイズドベースラインを弾いてみよう

ウォーキングベースライン編第6回目のレッスンは

枯葉のコード進行でハーモナイズドベースラインを弾く方法を解説します。

ハーモナイズドベースラインの基礎的な知識は
前回のレッスンハーモナイズドベースラインの作り方と練習方法を参照してください。

今回のレッスンでは前回のレッスンで身につけたハーモナイズドベースラインの基礎的な知識を活用するのと
新たにハーモナイズドベースラインのパターンからフレーズを作る方法を紹介したいと思います。

前回はウォーキングベースラインを作ってからそれを一からコードでハモる方法を教えましたが
今回は、ウォーキングベースラインを作らないで
定番のハーモナイズドベースラインの10パターンを組み合わせて
ハーモナイズドベースラインを弾く方法をレクチャーしたいと思います。

ウォーキングベースラインを一からハモる方法と
定番のパターンから組み合わせて作る方法の両方を習得できれば
ハーモナイズドベースラインをかなり使いこなすことができるようになります。

またパターンをストックしていると
実践でもアドリブ感覚でハーモナイズドベースラインを弾けるようになります。

では実際に枯葉のコード進行で
ハーモナイズドベースラインを弾く例をみていきましょう。

■枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン1

枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン1_楽譜

ハーモナイズドベースラインパターン1として
4拍目だけ次のコードの半音上のドミナントセブンスコード(裏コード)でアプローチするパターンです。

1〜3拍目のルート音は6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コードか
ドロップ2コードの6弦を省略した基本型でハモるだけです。

かなりシンプルですが
これだけでも意外にハーモナイズドベースラインのパターンとして使えます。
特に、初見のコード進行でハーモナイズドベースラインを弾くときに便利なパターンです。

■枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン2とパターン3とパターン4とパターン5の組み合わせ

枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン2とパターン3とパターン4とパターン5の組み合わせ_楽譜

ハーモナイズドベースラインパターン2は
各コードの「ド(R)レ(2)ミ(3)+次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」

1小節目、3小節目、5小節目、7小節目で使用しています。

「レ(2)ミ(3)」の部分はダイアトニックコードの度数によって変わります。
例えばAm7(♭5)コードの場合は「A,B♭,C」となりますので「R,m2,m3」となります。

今回の譜例は

ド(R)は6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード
レ(2)はダイアトニックコードの基本型のトップ省略コード
ミ(3)は6弦のドロップ3コードの第一転回型のトップ省略コード

レ(2)のダイアトニックコードとは
例えばCm7コードの場合はDm7コードになります。
コード構成音以外をダイアトニックコードでハモるということになります。

ハーモナイズドベースラインパターン3は
「ルート→半音上→ルート→次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」

2小節目と6小節目で使用しています。

ハーモナイズドベースラインパターン4は
「ルート→半音下→ルート→次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」

4小節目で使用しています。

ハーモナイズドベースラインパターン5は
各コードの「ド(R)ミ(3)ソ(5)+次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」

「6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード→第一転回型→第二転回型→次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」

■枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン2とパターン3とパターン4とパターン6とパターン7の組み合わせ

枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン2とパターン3とパターン4とパターン6とパターン7の組み合わせ_楽譜

一つ前の例の1小節目と3小節目と7小節目のパターン2の部分をパターン6に変更しています。

パターン6はパターン2のレ(2)の部分をダイアトニックコードではなく
その弾いているコードに対してのドミナントコードでハモっています。

例えばCm7コードの場合はG7コードを2拍目に挿入しています。
G7コードは6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コードを弾いています。

ハーモナイズドベースラインパターン7は
各コードの「ド(R)ミ(3)ソ(5)ミ(3)」

「6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コード→第一転回型→第二転回型→第一転回型」

■枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン7とパターン8とパターン9の組み合わせ

枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン7とパターン8とパターン9の組み合わせ_楽譜

ハーモナイズドベースラインパターン8は2小節でワンセットになります。
各コードの「ド(R)レ(2)ミ(3)レ(2)ド(R)+次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」→「ド(R)+次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」

レ(2)の部分はダイアトニックコードでハモリます。
最初のコードが2拍分引き延ばされています。
「5小節目と6小節目でワンセット」

ハーモナイズドベースラインパターン9は
パターン8のレ(2)の部分がその弾いているコードに対してのドミナントコードになっています。

「1小節目と2小節目でワンセット」「3小節目と4小節目でワンセット」

7小節目はパターン9の前半1小節分を使用して
8小節目はパターン7を使用しています。

■枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン2とパターン4とパターン7とパターン10の組み合わせ

枯葉コード進行_ハーモナイズドベースラインパターン2とパターン4とパターン7とパターン10の組み合わせ_楽譜

ハーモナイズドベースラインパターン10は
各コードの「ド(R)ド(R)ソ(5)+次のコードへ半音上から裏コードでアプローチ」

2小節目と6小節目で使用しています。

ハーモナイズドベースラインのパターンの組み合わせによるフレーズの作り方の総括

ハーモナイズドベースラインの定番パターンを色々組み合わせることにより
ハーモナイズドベースラインを弾けることを実感できましたでしょうか?

この10パターンだけでもストックしておくだけで組み合わせ次第で
たくさんのバリエーションのハーモナイズドベースラインを弾くことができます。

また、下記の例のように自分で枯葉のコード進行で作った
ベースラインをハモる練習もしてみてください。

■枯葉コード進行_ハーモナイズドベースライン例1

枯葉コード進行_ハーモナイズドベースライン例1_楽譜

1小節目:6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コードでルートをハモって
5度はドロップ2コードの6弦を省略した第二転回型でハモっています。

2小節目:ドロップ2コードの6弦を省略した基本型でルートをハモって
5度は6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コードでハモっています。

3小節目と5小節目と7小節目は1小節目と同じコンセプトです。

4小節目と6小節目は2小節目と同じコンセプトです。

8小節目:6弦のドロップ3コードの基本型のトップ省略コードでルートをハモって
5度は6弦のドロップ3コードの第二転回型のトップ省略コードでハモっています。

以上でハーモナイズドベースラインのレッスンは終了となります。