ジャズギター基礎知識編

2/2ページ

ガイドトーンの仕組みを理解しよう

今回は三和音の解説の前にガイドトーンの仕組みを理解しましょう。 ガイドトーンは2音の和音(ヴォイシング)の一応仲間でありますので、ここで紹介します。 ただし三和音のコードの作り方と考え方が違いますので そこだけは覚えておいてください。 次回の「三和音の仕組みを理解しよう」のレッスンで違いを明確に示します。 前回で音名と度数を整理しましたので、ここでは実際にさっそく 度数を使っていきます。 もし度数 […]

「音名表記」と「度数表記」の色々な表記方法を整理しよう

ここで「音名表記」と「度数表記」の色々な表記方法を整理しましょう。 「音名表記」と「度数表記」がジャズ初心者さんに少し難しく感じる原因は 音名表記と度数表記ともに色々な呼び名や表記があるので どれが正しいのかわからなくなってしまうという表記の不統一があります。 これは、特に「度数表記」が不統一であることが多いです。 市販の教則本でも色々な表記をしていたりして 全く統一されていなく、曖昧に説明されて […]

ギター指板の仕組みを理解して効率良く音名を覚えよう

ギター指板の仕組みを理解して効率良く音名を覚えていきましょう ギター指板の特徴について ギター指板をただやみくもに覚えるのではなく 特徴を理解して省略できるものは省略して効率良く覚えるのがコツになります。 〈12フレット以降は改めて覚え直す必要はない!〉 基本的にギターのフレット数は22フレット~24フレットあります。 しかし音名を覚えるときは前回のレッスンで学習したギター指板で度数確認で 2弦の […]

度数の仕組みと効率の良い覚え方

度数の仕組みと効率の良い覚え方について インターバル(音程)とは2つの音の高さの距離のことをいいます。 そしてその距離の単位はディグリー(度数)で表記します。 つまり度数というのはディグリーという単位のことをいいます。 例えばドの音を基準にした場合のレの音はどれだけ音の高さが離れているのかを 誰かに伝えるときに ギターの場合だと「2フレット離れている」で伝わりますが ピアノ奏者にはあまりピンとこな […]

ジャズギターでなぜ度数の理解が必要なのか?

「ジャズギターでなぜ度数の理解が必要なのか?」について まず、度数を必要とする場面を列挙してみます。 コードの仕組みやコードトーンを理解するときに必要 コードヴォイシングを自分で作るときに必要 スケールの構成音を説明するのに必要 フレーズの説明や分析に必要 クロマチックアプローチのターゲット音を説明するのに必要 ベースラインのパターンを説明するのに必要 テーマメロディの仕組みを説明するのに必要 フ […]

ジャズギターで最低限必要な音楽理論

ジャズギターで最低限必要な音楽理論について 一般的にジャズギターで音楽理論はあとから自然と身につくと言われることが多いですが これは7割ほど的を得ています。 音楽理論は音楽歴史を再現するために後付けで調整的に作られたものだからです。 しかし、全く音楽用語がわからないでジャズを習おうとすると 次のような事例のときに大きな差が生じます。 例えば、「CM7コード」のコードトーンのルートに半音下からアプロ […]

ジャズギター基礎知識編の概要

ジャズギター基礎知識編の概要について ジャズギター基礎知識編ではジャズギター初心者さんでも 必要になってくるジャズの基礎知識や音楽理論を学んでいただきます。 音楽理論という言葉からどうしても難しく感じてしまいますが ジャズを習う上で本当に必要なものに限定していますので 一緒に頑張っていきましょう。 音楽理論をただ列挙してこういう意味ですよというレッスンではなく 実際にその音楽理論をどうジャズに使用 […]