「度数の仕組みと効率の良い覚え方」のYouTube動画アップしました

コードアルペジオ編

2/2ページ

マイナートライアドコードのアルペジオの位置を把握しよう

コードアルペジオ編第4回目のレッスンは 第3回目でメジャートライアドコードのアルペジオの位置を把握しましたので、 今回はマイナートライアドコードのアルペジオの位置を把握する練習をしていきます。 マイナートライアドコードもメジャートライアドのときと同じで ケイジドシステムを使用して指板を分割して把握していきます。 マイナートライアドコードの場合は メジャートライアドコードの長3度を短3度にしてあげる […]

メジャートライアドコードのアルペジオの位置を把握しよう

コードアルペジオ編第3回目のレッスンは 第2回目でケイジドシステムについて学習しましたので 早速そのケイジドシステムを利用して メジャートライアドのコードアルペジオの位置を把握練習していきます。 CAGEDシステムのCから順番に練習していきましょう キーはCメジャーキーで練習します。 ■Cメジャートライアドの「Cフォームアルペジオの位置」把握練習例 開放弦が混じってしまいますので最後にオクターブ上 […]

CAGEDシステム(ケイジドシステム)の仕組みを覚えよう

コードアルペジオ編第2回目のレッスンは CAGEDシステム(ケイジドシステム)の仕組みを解説します。 CAGEDシステム(ケイジドシステム)とは? 名前の通り5つの代表的なオープンコードのコードフォームの型のことをいいます。 Cフォーム Aフォーム Gフォーム Eフォーム Dフォーム これら5つのコードフォームをCAGEDシステムとかケイジドシステムと略して呼んでいるだけです。 ケイジドシステムの […]

ガイドトーンの位置を把握しよう

コードアルペジオ編第1回目のレッスンは ガイドトーンの位置を把握する練習例を解説します。 ガイドトーンの仕組みはガイドトーンの仕組みを理解しようで 詳しく解説していますのでそちらで復習してください。 ガイドトーンは三和音や四和音と和音の作り方が違いますが 一応、2音の和音としてコードアルペジオ編の最初に入れました。 ガイドトーンは基本的にコードトーンの「3度」と「7度」で構成されますので コードト […]

コードアルペジオ編の概要

コードアルペジオ編の概要について コードアルペジオ編では コードトーン編、クロマチックアプローチ編で練習してきた 分離した各コードトーンをコードトーン全体のコードアルペジオとして ポジションを把握します。 ギター指板であらゆる各コードトーンを ここまで継続して把握してきましたので あとはそれら各コードトーンを合体させるだけですので コードアルペジオのポジション把握にはそこまで苦労しないと思います。 […]